cross.png 2017年新年会
1月8日、今年の主の公現のミサは小田神父様、パスカーレ神父様の司式で捧げられました。
ミサ後、神父様お二人とともに中原教会の新年会を開催しました。

まずは、乾杯!
20170108新年会_乾杯.jpg


その後は信徒の方々持ち寄りのお料理やお菓子などをいただきながら、歓談。
20170108新年会_料理.jpg

20170108新年会_パーティー.jpg


寒い日だからと、その場で温かいスープとパスタを作ってくださる方もあり、みんなで楽しいひとときを過ごしました。
本年も、みんなで祈り、活動し、新しい兄弟姉妹を迎えていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

(ユリアナ.S.E)
2017.02.12 Sunday
cross.png 主の降誕 夜半のミサ
12月24日、大勢の方とともにイエス様の降誕をお祝いするミサを捧げました。
ミサが始まる前は、まだイエス様がお生まれになる前ですので、聖堂は暗くキャンドルの灯りで、クリスマスキャロルを歌います。
クリスマスミサ_会衆2.jpg クリスマスミサ_キャンドル2.jpg


ミサの始まりとともにイエス様がお生まれになり、
『暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。』(マタイ04.16) を象徴するように聖堂に照明が灯されます。
クリスマスミサ_ミサ2.jpg クリスマスミサ_ミサ.jpg


世界中で救い主イエス様の誕生を祝うときが訪れました。
クリスマスミサ_イエス様2.jpg


泊まる場所がなく飼い葉桶で眠ることになったイエス様、放浪生活ゆえに当時の社会では下層とみられていた羊飼いに最初に救い主の誕生が伝えられたこと、現代の私たちの社会に照らしあらせて黙想し、すべての人に与えられた救い主の誕生をお祝いしましょう。
2017.02.12 Sunday
cross.png クリスマス・チャリティーコンサートが開催されました
12月23日、『依存症からの回復を支援する会』主催のクリスマス・チャリティー・コンサートが開催されました。

中原教会でこのコンサートが開催されるのは、2011年からで今回で6年目です。この活動の趣旨に賛同して毎回出演してくださっているソプラノ歌手の塩谷裕子さん、フラウエンコール・クララ、クララシンガーズ、ステラ弦楽合奏団に加え、今年はシンガーソングライターの照屋実穂さんも出演してくださいました。

素晴らしい歌声・演奏に、クリスマスを間近に控えた師走のこの時期、お越しいただいた方々は日常を忘れて音楽のひとときを過ごすことができたのではないでしょうか。

出演してくださった方々、聞きにいらしてくださった方々、ありがとうございました。
みなさんのお気持ちは、依存症からの回復を支援する会を通して、きっと回復を目指している方の支えになると思います。

1.照屋実穂
コンサート_1_照屋実穂.jpg

2.フラウエンコール クララ
コンサート_2_フラウエンコールクララ.jpg

3.塩谷裕子ソプラノ独唱
コンサート_3_塩谷裕子2.jpg

4.クララシンガーズ
コンサート_4_クララシンガーズ.jpg

5.ステラ弦楽合奏団
コンサート_5_ステラ弦楽合奏団.jpg
2017.02.12 Sunday
cross.png 教会学校クリスマス会
12月11日ミサ後、教会学校のクリスマス会を開催しました。

ボーイスカウト川崎22団のカブ隊によるハンドベル、教会学校の子どもたちによる聖劇の演目がありました。

ハンドベル.JPG

聖劇.JPG


発表の役割を終えたあとは、身体を使うゲームで思いっきり遊び、みんなで心を合わせてお祈り、そしておやつの時間と楽しく過ごしました。


聖劇というのは、聖書に書かれているイエス様がお生まれになったときのお話を再現する劇です。
クリスマスの馬小屋馬小屋.gif
左:教会に飾られている馬小屋 右:聖劇のために子どもたちが作った馬小屋

宿屋には泊まる部屋がなく、馬小屋でお生まれになり、飼い葉桶で眠りました。
今のような明るい夜ではなく、本当に暗闇の夜、イエス様のいらっしゃる馬小屋の上に光る星に導かれて、羊飼いがお祝いに訪れました。

みなさんご存じのそんなクリスマスのお話を思い出しながら、昔の暗闇を想像してみてはいかがでしょうか。
このイエス様誕生のお話は、毎年クリスマスのミサで朗読されます。
ミサはどなたでも参加できます。クリスマスのお話を聞きにいらしてください。

クリスマスミサのご案内
2016.12.20 Tuesday
cross.png クリスマス・チャリティ・コンサート
最初は、ステラ弦楽四重奏団の「朝のあいさつ(エルガー)」ほか4曲で開演です。

ステラ弦楽四重奏団.jpg

続いて塩谷裕子さんのソプラノ独唱で5曲。中でもヘンデルの「泣かせたまえ(涙の流れるままに)」は、聞いている私も泣きそうになりました。

塩谷裕子さん(ソプラノ)、境田直美さん(伴奏).jpg

10分の休憩のあと、神奈川合唱団有志と中原教会聖歌隊による「Laudate Dominum (Mozart)」。

神奈川合唱団有志と中原教会聖歌隊.jpg

さらに、神奈川合唱団有志で黒人霊歌「Kumbaya, my lord」など2曲。

神奈川合唱団有志.jpg

このチャリティコンサートは、「依存症からの回復を支援する会」が主催して行われました。
2015.03.03 Tuesday

| 1/5ページ | >>