東横病院内でミサを捧げていた人々をきっかけとして、1958年アトンメント会が武蔵小杉に設立した教会です。


トップ

ミサ案内 Mass

アクセス Access

お知らせ Info

初めての方へ

中原教会について

年間行事

行事予定

行事レポート

教会学校

リンク集

更新履歴

主任司祭

今月のメッセージ

福音の分かち合い

勉強会








サイト内の記事を検索  
主の降誕 夜半のミサ
12月24日、大勢の方とともにイエス様の降誕をお祝いするミサを捧げました。
ミサが始まる前は、まだイエス様がお生まれになる前ですので、聖堂は暗くキャンドルの灯りで、クリスマスキャロルを歌います。
クリスマスミサ_会衆2.jpg クリスマスミサ_キャンドル2.jpg


ミサの始まりとともにイエス様がお生まれになり、
『暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。』(マタイ04.16) を象徴するように聖堂に照明が灯されます。
クリスマスミサ_ミサ2.jpg クリスマスミサ_ミサ.jpg


世界中で救い主イエス様の誕生を祝うときが訪れました。
クリスマスミサ_イエス様2.jpg


泊まる場所がなく飼い葉桶で眠ることになったイエス様、放浪生活ゆえに当時の社会では下層とみられていた羊飼いに最初に救い主の誕生が伝えられたこと、現代の私たちの社会に照らしあらせて黙想し、すべての人に与えられた救い主の誕生をお祝いしましょう。
2017.02.12 Sunday
このページの先頭へ
<< クリスマス・チャリティーコンサートが開催されました | TOPへもどる | 2017年新年会 >>