cross.png 7月のメッセージ
トゥ神父
Paulus HA MINH TU, MF
半端なく価値ある時を生きる!

 ジメジメしたこの梅雨の季節の中でも、ロシアで開かれているワールドカップ・サッカーに日夜心を躍らせている人も多い事でしょう。何より日本チームの初戦突破は、半端ない大きな喜びを与えてくれました。約一ヶ月間続くこの大会の為に世界中のサッカー選手を始めどれ程多くの関係者が心血を注ぎ、多くの時間をかけて準備をした事でしょう。
 早くも今年の一年の半分が過ぎてしまいました。私たちがどれ程意義のある時間を大切に使って生きているか、ネット上からの情報を通しても考えさせられます。
 「もしあなたが4年間の価値を知りたいなら大学を卒業した人に聞きなさい。1年間の価値は、1年から2年への進級試験に落第した学生さんに聞きなさい。一ヶ月の価値は、初めての子供を出産した妊婦さんに聞きなさい。1週間の価値は、週刊誌の編集者に聞きなさい。1時間の価値は、直ぐにまた会いたいと思っている恋人たちに聞きなさい。1分の価値は、電車に乗り遅れたビジネスマンに聞きなさい。1秒の価値は、事故を免れた生存者に聞きなさい。1000分の1秒の価値は、オリンピック大会で優勝した選手に聞きなさい。時間は誰をも待ってくれません。一瞬一瞬に無限の価値があるのです。」
 自然界では、厳しい暑さと共に、本格的な夏が始まり、教会でも、年間の道のりに深く入って行きます。教会典礼に於ける「年間」は変化のない平凡な日々ではなく、復活祭に洗礼を受けた方々の信仰の深まりと共にこの時期の草花のように伸び伸びと成長する時なのです。皆さんは、これから迎える夏の季節を有意義に過ごす為に夏休みの計画を考えておられますか。何もかもが素早く過ぎ去ってしまうような時の流れの中で聖マザーテレサの言葉を思い巡らしたいと思います。「昨日は既に過ぎ去った過去、明日はまだ来ない未来、今日だけが、正に今与えられた時なのだから、活き活きと生き始めましょう。」という言葉です。つまり「今」をこそ「今」だけをためらうことなく、半端なく生き抜いて生きられるという事なのです。
 「愛する人たち、このことだけは忘れないでほしい。主のもとでは、一日は千年のようで、千年は一日のようです。」(2ペトロ3:8)という使徒ペトロの確信は半端なく、特に日々与えられているこの時間の中でも典礼やミサの時、いわば、神のみ前にある一時こそ、この「今」の価値や大事さを確かめる時なのです。何より「人々がミサに行く全ての足取りは天使に数えられており、この世においても、また次の人生においても、神からより良い報酬を受けるでしょう。」という聖アウグスチヌスの言葉から分かるように、猛暑の中にミサに参加する私たちは、大きな励ましと力付けを頂く事でしょう。私たちは個人的にも、教会共同体としても、一瞬一瞬を神に生かされているのです。生かされている時を活き活きと生きる事が出来ますように、共に願って参りましょう。



< 次へ 前へ >
2018.07.08 Sunday
<< 6月のメッセージ | TOPへもどる | 9月のメッセージ >>