cross.png 12月のメッセージ
トゥ神父
Paulus HA MINH TU, MF
恵みを待ち望みながら…

 12月に入り、季節は冬に向かっていますが、季節外れの暖かさで、まだまだ冬本番はもう少し先のようです。さて、私はこんな興味深い物語を見つけました。

-・-・-・-・-・-・-
 小さな一つの部屋で四本のローソクが自分の灯りを灯していました。この部屋はローソクたちの囁きが聞こえる程とても静かでした。
 一番目のローソクが嘆き悲しみながら言いました。《私は平和のしるしです。でも、今この世の中は銃や剣は無くならず、争いがない時はありません。それは国同士だけではなく、大切な愛すべき夫婦や兄弟や友人同士でも起きています。私は役に立てず、ふらふらとさまよい歩いているだけです。》話しているうちに灯火はどんどん小さくなり、弱って消えてしまいそうでした。
 二番目のローソクは、何度も首を傾げながら、絶望しているかのように言いました。《私は信仰のしるしです。でも、今の世の中の風潮に流されていたら、私はもう要らなくなり、無用の長物になってしまいます。》話しているうちに、彼も徐々に小さくなって、ノスタルジックな白い煙を放ち、今にも消えそうでした。
 三番目のローソクは、文句たらたらで言いました。《私は愛のしるしです。でも人の為に暗闇を照らす力もない。人々も私を放って置き、私の価値を知ろうともしない。この世を見ていると、人は自分の身近な人さえも愛することが出来ないようです》話が終わると、三本とも完全に消えてしまいました。
 突然一人の少女が部屋に入って来て言いました。《あなたがたは、どうして灯りを灯さないの?この世はどれ程あなたたち・平和・信仰・愛を必要として、何時までもそれを照らしてほしいと願っているでしょう。》
 残りの一本は、暗闇の中の孤独な星のように密やかに応えました。《心配ありません。私は希望です。私が灯火を灯してさえいれば小さくても、弱い火でも平和・信仰・愛の光りを灯し続けることが出来るのです…。》
-・-・-・-・-・-・-

 一般的なカレンダーでは、クリスマスシーズンを経て年末となり一年が終わりますが、キリスト教では、新たな一年の典礼暦が待降節から始まります。待降節と言えば、その時を現すシンボルとしてアドヴェント・ローソクが聖堂の内陣におかれる習慣があります。
 一年の始まりに当たり、教会が使う典礼の色は喜びに満ち溢れる荘厳な白ではなく希望のうちにも落ち着きを表す紫です。待降節は希望の時です。一年は希望から始まります。私たちは希望(待降節第一主日)があるから少しずつ平和(第二主日)と繋がり、未来にある目的を喜び(第三主日)で味わう事で信仰を深め、一層愛(第四主日)に生きる事が出来るのです。
 慌ただしい12月だからこそ、私たちは掛け替えのない神の子として「主よ、あなたの慈しみが我らの上にあるように、主を待ち望む我らの上に」(詩篇33:22)という神の言葉を胸に刻み「豊かにあふれさせてくださいますように」と待ち望みましょう。何故なら全て「神の恵み」だからです。


前へ >
2018.12.01 Saturday
<< 2018年クリスマスミサのお知らせ | TOPへもどる |