cross.png 4月のメッセージ
トゥ神父
Paulus HA MINH TU, MF
「元号」を生かして

 今年の輝く春は、温かい日差しを迎えるはずが、桜の花も冷たい風やにわか雨に打たれてお花見ができる期間が延びそうです。それでも、いつものように新年度を迎えて期待と不安の中、真新しいスーツと靴に身を包んだ新社会人や少し大きめの制服に大きな鞄を持っている中高校生たちの姿が目に映ります。この度新たに決まった新元号をドキドキと待ち望んでいた多くの人々は「令和」という新しい元号に新鮮さと驚きを感じたのでしょうか。
 この新年号である「令和」から受ける私の印象は、第二次世界大戦が終わった後に日本人のひたむきな努力による復興と繁栄とそして平和の「昭和」の時代、そこから受け継いだ安定した美しい元号「平成」の時代でした。これからも日本の大きな目的の一つである「平和」を命令と計画によって大切にしようと思える「令和」という元号には、日本が求め続けているものへの決意と覚悟を感じます。「あなたの律法を愛する人には豊かな平和があり、つまずかせるものはありません。」(詩編119:165)
 私をはじめ多くの人々が知っている「昭和」「平成」そして新たな「令和」の三代に亘って共通して根底に流れている「平和」の為に、これからもお互いを尊重し合って、日本だけではなく世界の平和を維持し、貢献して永遠に平和を保っていかなければなりません。
 平和である事がどれ程大切か日本だけではなく世界中の大きな課題です。一歩間違えばいついかなる所でも戦争が起こりかねない世界情勢です。「令和」は日本の長い歴史の中で248番目の元号です。今の時代に日本から世界に発信出来る「平和」という大切なメッセージだと思います。
 この平和は口先だけのお題目ではありません。むしろ日常生活の隅々まで、そして元号の中にも表現されて、見いだされるものなのです。「キリストは私たちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、…遠く離れているあなたがたにも、また近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らせられました。」(2エフェソ2:14‐17)とイエス・キリストがもたらしたものです。そして、今四旬節の時に祈りのうちに、この平和を体験している私たちは「キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせる為に、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。」(コロサイ3:15)というみ言葉に照らされて渇ききっている人々の心を潤し、祈りながら一人ひとりに出来ることで平和を実現しましょう。皆さんが主の復活を一層味わうことが出来ますように祈っています。
 主のご復活、おめでとうございます。


前へ >
2019.04.07 Sunday
<< 3月のメッセージ | TOPへもどる | 5月11日主日のミサはありません >>