cross.png 6月のメッセージ
トゥ神父
Paulus HA MINH TU, MF
心の渇きを感じませんか?

 今年は夏に入る前から暑い日が続いていて、一体今年の夏本番はどうなるのかと心配になる程です。多くの人が気温の変化に体がついて行けず、その上日々の生活の中で起る様々な出来事に疲れ、心の奥深い所で、不安を感じながら生きているようです。例えば交通事故です。事故の原因には様々な要因があるのでしょうが、何故これ程文化も技術も進んでいる現代に自動車事故が多発しているのかと、大きな不安を感じます。特に小さな子供が犠牲になってしまう事には心が張り裂けそうです。事故の被害者も加害者もそのご家族も、事故の瞬間の恐怖だけではなく、その後も身体的には後遺症が続いたり、精神的にはトラウマになってしまったり、と生活全てが一変しかねません。メディアでその事を知る私たちも二次的に影響を受けていると思います。
 時間や仕事に追われながら生きている私たちは、体の疲れは自分で感じて分かることが多いと思いますが、心の疲れは見ることも気付くことも難しいでしょう。「人の心は病苦をも忍ぶ、しかし心の痛む時は、誰がそれに耐えようか」(箴言18:14)と聖書に記されています。私たちは気付かないうちにどこか無理をしてしまい、思いがけない疲労・倦怠感・ストレスが心の奥に徐々に蓄積されているのではないでしょうか。
 6月は、ちょうど一年の真ん中です。そろそろ疲れが溜まって来る頃です。「体に食べ物が必要なように心にも栄養を与えてゆっくり休ませることが必要です。」体の疲れは色々と癒す方法がありますが、心の疲れは、今の世にある方法では一時的にしか癒してもらえません。カトリック教会では幸いなことに、6月は「聖心の月」と定められています。イエスの聖心に寄り添い、捧げるように招いてくださいます。「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイ11:28)というイエスのみ言葉はキリスト者にとどまらず、すべての人々にどれ程大きな励ましと支えを与えてくれることでしょうか。
 私たち人間は、心身共に弱く傷つきやすい存在です。そして私たちは一人で生きることは出来ません。今「聖心の月」に「ありのままの自分」を心に留め、イエスにお捧げしたいと思います。今私は、なかなか自動車の運転に慣れることが出来ません。多くの方が応援してくださるのですが、折角用意されている自動車も殆ど使いません。乗ったらどんなに便利で信者さんの訪問ももっと出来るのではないかと思うこともありますが、今の生活ではなかなか勇気が出ません。これが現状です。
 日々の生活の中で、人々と助け合いながら、目に見えない神に信頼することが出来ますように。そして要求されることに疲れた時には、それらのすべてをイエスの前に投げ出しイエスのみ心に包まれ癒されて新たな力を頂きましょう。


< 次へ 前へ >
2019.07.07 Sunday
<< 5月25日・6月29日・7月20日の主日のミサはありません | TOPへもどる | 7月のメッセージ >>