cross.png 2月のメッセージ
トゥ神父
Paulus HA MINH TU, MF
感謝と喜びのうちに。

 暑いベトナムから2週間ぶりに帰って参りました。今年の日本の冬は寒くはあっても穏やかな冬の晴天が続いて有難い事と思っていました。しかし、反面インフルエンザの猛威の嵐の中、皆さんはどのように過ごしているのでしょうか。
 私事で恐縮ですが、この間、私の両親の結婚60周年、母の妹夫婦の50周年、叔父夫婦の25周年とお祝い事があり、大勢の人々と会い共に感謝のミサに与り、お祝いすることが出来ました。正に「私の為、また福音の為に家、兄弟、姉妹、母、父、畑を捨てたものは誰でも、今この世で迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け」(マルコ 10:24)というイエスの約束をヒシヒシと実感いたしました。
 そのミサを司式してくださったT司教様のお説教がとても印象に残りました。「一族の中で一度に、それも銀婚・金婚・ダイヤモンド婚というお祝いを重ねて迎える事は滅多にないことなので、大変驚き感動した。」そして「それこそ、結婚式の時に神のみ前で交わす誓約は神によって守られ、結婚生活の困難さも乗り越えることが出来る。」と強調されました。最後に「結婚生活そのものの中に司祭の奉献生活を生み出す土台と力がある。」とも言われました。 司教様の言葉を通して思い出す聖書箇所があります。それは「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(2コリント 12:9)です。この聖書箇所の意味を身をもって教えてくれたのは両親の姿です。
 10年にも満たない私自身の司祭生活にも苦しい事、辛い事は沢山ありました。まして60年間男ばかり8人の子供と2人の男の養子を育てる事は体の弱い母にとってどれ程大変だった事かと言葉もありません。寡黙な父はその母をとても大切にしていました。どちらかと言うと、子供たちは父より母の方が親しみやすく甘えたがります。だから父親的には寂しかったかもしれません。でもそれぞれの弱点を通してお互いを大切にして、乗り越えて生きて来たと思います。両親が結婚生活を通して様々な犠牲を捧げて奉献生活を送って、私への模範を示してくれていたという事だと思います。結婚生活において「捨」てる事は、奉献生活においては、神が「拾」ってくださるという事だと思います。家庭崩壊が数多く見られる現代にあって、神のみ前での結婚の誓約を私たちは決して忘れてはなりません。
 ベトナムへの帰国は喜びと共に私の奉献生活への覚悟を新たにしてくれました。そんな私の気持ちを知っていたかのように、日本は凛とした寒さで、私の気持ちを更に引き締めてくれたようでした。日本の四季折々は私の日常生活と切り離すことは出来ません。特に1年の中でも2月は何もかもすべてが冷たさの中に静まり返っているようです。しかし冷たく思える土の中でも温かさを保ち1年の土台を作り、春という季節への芽吹きの準備が行われている時です。冷たさばかりに気を取られてその中にある喜びの恵みを受け止める心を失くさないように祈りましょう。


前へ >
2019.02.11 Monday
cross.png 1月12日主日のミサはありません
司祭の都合により、1月12日(土) 7:00pmからの主日のミサはありません。
ご理解、ご了承お願いいたします。
2019.01.07 Monday

<< | 3/49ページ | >>